アモイ・ストリート・フード・センター

Amoy Street Food Centre

閉店・移転、情報の修正などの報告

隠れた名店の揃うホーカーズ。行列のできるストール(お店)もいっぱい。

こんにちは、シンガポールナビです。今日はビジネス街にあるホーカーズの一つ、アモイ・ストリート・フード・センターをご紹介します。2階建のホーカーズに広がるシンガポール料理の数々。観光客の姿よりは、近くで働く人の姿が多いアモイ・ストリート・フード・センター。中心地にありながら価格も抑え目、それでいて美味しいお店があるとローカルにも人気です。すでに数軒ホーカーズはナビも体験済み。観光客の姿があまりなくても大丈夫!という人にお勧めの通称アモイをじっくりとご紹介しましょう!

MRTタンジョン・パガーから徒歩数分!

MRTタンジョン・パガーの駅を降り、道に沿って歩くと数分。アモイが見えて来ました。このあたりは食の激戦区。アモイのある交差点からテロッカ・アエ・ストリートはカジュアルランチ向けのお店がたくさん。ランチ時はいつも行列の耐えないお店ばかりです!この激戦区にありながら、アモイもいつも大賑わい!
駅から歩くと見えて来ました。

駅から歩くと見えて来ました。

周りには色々お店もあります。

周りには色々お店もあります。

ショップハウスも見られるエリア。 ショップハウスも見られるエリア。

ショップハウスも見られるエリア。

アモイに来るお客さんの多くが近くで働く人たち。平日の早朝は朝ごはんを買い求める人たちがフルーツやビーフンを買ってオフィスに向かう姿が。平日の昼は一番忙しいとき。行列ができ、空席を探すのもやっとという感じ。夕方になれば営業を終えて閉めるお店も多く、週末も開いているお店は限られています。平日の12時から14時くらいのピークの時間帯をはずしていけば比較的空席も見つけやすいですよ。

ガイドブックで取り上げられるお店の数々

まずは、ガイドブックで取り上げられるクイティヤオのお店。入れ替わりの激しいホーカーズにありながら、ここでずっとクイティヤオを作り続けています。きっと常連客がたくさんいるんでしょうね~。多少遅い時間でもオープンしている場合が多いので、足を運んでみる価値は大。
こちらは行列は目に見えないものの、いつもSold Outの札のかかった中華ちまきのお店。これは電話などで事前に予約する人が多いんでしょうね。旅行者には事前予約はなかなか難しいけれど、たま~に店頭に中華ちまきが並んでいることがありますよ。運がよければこの人気中華ちまきが食べられるかも!
2階に上がれば、これまたガイドブックで取り上げられ率の高いロー・ミーが。どろっとしたとろみに、にんにくが山ほど乗せられます。にんにくの量が半端じゃないので、食後から次の日にかけて大事な用事のない人は一度行列の中に入ってみてはいかがでしょう?
ただナビが一度取材で来た日は月曜日で、その日はなんとお休みでした・・・。月曜日と火曜日がお休みのようです。みなさん、注意してください・・・。

行列の途絶えないお店の数々

ホーカーズで何を食べたらいいか分からない・・・という場合は、行列のあるお店で食べてみるのも手。このアモイには行列の出来るお店がいっぱい。行列がたくさんありすぎてどこの行列に並んだらいいのかと迷うほど。
1階にはフィッシュスープのお店が数軒。実はこれらのフィッシュスープのお店、他のところよりも少し高めか?という強気価格設定なんですが、味が良いのかいつも行列。スープが綺麗に透き通っていて、手作りのフィッシュボールが入っていたりと、やっぱり他のお店との差を感じます!暑いシンガポールで汗をかきながらフィッシュスープを楽しむ人が多いんですよ~。
1階にあるホーファンのお店もこれまたすごい行列。注文を受けてから作ってくれるのでいつも熱々、量もたくさんと男の人にもウケが良いようです。
さてさて、2階に上がればここ、ポーク・ミンス・ヌードルやダンプリン・ヌードルのあるこのお店、ものすごい行列なのです。お味はもちろん◎なのですが、麺をゆでてチリと絡めて…という作業をしながら会計まで一人の女性がしているんです。神業のようなすばやい動きにいつも惚れ惚れしてしまいます。
同じく2階にあるバンミエンのお店、日本でいういわゆるうどんのような麺のお店なんですがこのお店も女性一人で切り盛り。無駄のない軽やかな動きです・・・お値段もS$3前後。ああ、ありがたい!お値段以上の幸せ~。
2階にもホーファンのお店が。ここの行列は長く、いったいどこが最後尾なの?と思うくらいの列。お昼のピークの時間帯を少しずらせばそれほど列は長くなさそう?なので、一度試してみるのもアリですよ!
中華系のお店ばかりではなく、インド系、マレー系ももちろんあります!インド系の場合、強面の人が注文をとってケースが多いのですが話せばフレンドリー。時間帯によっては、注文したものをテーブルまで運んでくれますよ。
中華デザートももちろんあります。お持ち帰りようの容器にも入れてもらえるので、その場で食べられなくても大丈夫。数ドルで中華デザートが楽しめるのでお勧めです。

いかがでしたか?観光客向けのホーカーズではないので入りづらいと思う人もいるかもしれませんが、観光客向けでない分、お値段も抑え目かつ、味もよし。といいことづくし。ホーカーズの食べ歩き計画している人は是非、アモイもリストに追加してくださいね!以上、シンガポールナビでした。
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo

記事登録日:2011-05-20

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2010-12-07

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供

関連記事

朝活 ♬ ホーカーでの朝ごはんはいかが?

朝活 ♬ ホーカーでの朝ごはんはいかが?

アモイ・ストリート・フード・センターで!

これを食べて暑さを吹き飛ばす!~ロー・ミー

これを食べて暑さを吹き飛ばす!~ロー・ミー

アモイ・ストリート・フード・センターで。